高年齢雇用継続給付とは?

高年齢雇用継続給付とは?

高年齢雇用継続給付と年金を組み合わせる

商品写真1

高年齢雇用継続給付には、高年齢雇用継続基本給付金高年齢再就職給付金の2種類があります。

○高年齢雇用継続基本給付金

被保険者であった期間が5年以上ある被保険者が、60歳に達した日(60歳の誕生日の前日)以後、賃金月額が60歳時点の賃金の75%未満に低下したときに最大、賃金額の15%が支給されます。
下がった賃金の15%ですから、お間違いのないように・・・。

支給期間は、被保険者が65歳に達するまで5年間の受給が可能です。

○高年齢再就職給付金

失業保険の基本手当を受けていた60歳以上65歳未満の受給資格者が再就職した際、基本手当の支給残日数が100日以上ある場合に、賃金月額がその直前の離職時の75%未満に低下したときに最大、賃金額の15%が支給されます。
支給期間は、支給残日数が100日以上のときは再就職時から1年間、200日以上の時は再就職時から2年間。

以前は、最大25%の支給がありましたから、若干うまみはなくなりましたが、せっかく要件に該当するのに、制度を知らないばかりに申請していないケースもよくあるようです。

高年齢雇用継続給付金をもらうには以下の要件が必要です。

(1)雇用保険に5年以上加入していること
(2) 60歳以上65歳未満であること
(3) 60歳以降の賃金が60歳時点の賃金の75%未満であること(支払月毎に比較する)
(4) 賃金と高年齢雇用継続給付の合計額が348,177円を超えると超えた分は支給されません。
(5) 給付額が1,697円以下の場合は支給されません。

年金と高年齢雇用継続給付を併用した場合、さらに年金基本月額の一部がカットされます。
しかし、高年齢雇用継続給付金をもらったほうが、年金の減額があっても総手取り額が増えますから、お得になります。

また、一日の勤務時間を短くしたり、週の出勤日数を減らしたりして、社会保険の加入要件(所定労働時間を4分の3未満)に該当させず、且つ、雇用保険の加入要件である週20時間以上の労働時間にしない方法があります。

これによって、

厚生年金は減額されることなく満額支給され、高年齢雇用継続給付金も支給されることになります。