在職老齢年金のしくみ

在職老齢年金とは?

年金額が一部カットされる仕組み

商品写真1

在職老齢年金とは、どのような年金でしょうか?

60歳以降に働き続けている場合、老齢厚生年金などがもらえるようになりますが、この老齢年金と給料などの合計額が一定額を超えると 年金額がカットされる仕組みのことをいいます。

ですから、在職老齢年金という特別の年金があるわけではなく、老齢厚生年金や退職共済年金のもらい方の呼び名になります。

そもそも、老齢厚生年金は、昭和61年の法改正により65歳から支給される年金となりましたが、いきなり支給年齢を65歳にするわけにはいかず、経過措置として、年数をかけて支給年齢を65歳にしていくようにしました。

現在、60歳を迎える方々は経過措置の期間中というわけです。

この、60歳前半の老齢厚生年金のことを、本来、65歳から支給されるものを60歳から支給することから、「特別支給の老齢厚生年金」といいます。

65歳未満であっても老齢基礎年金の受給資格期間(原則として、保険料納付済期間と保険料免除期間を合算して25年以上あることが必要)を満たしている人が、厚生年金保険の被保険者期間を1年以上有している場合に、60歳から特別支給の老齢厚生年金をもらうことができます。

しかし、受給権者が会社に勤めて社会保険に加入している場合には、その人の賃金や年金額により一定額が支給停止されて、老齢厚生年金が支給されます。
この、一部支給停止されて支給される老齢厚生年金を在職老齢年金といいます。

特別支給の老齢厚生年金は、受給権者が会社に勤めていても社会保険に加入しないような働き方をする場合、あるいは厚生年金以外の保険下で働く場合には全額支給されます。

ここがちょっとしたポイントです。

次に、支給停止のしかたは以下のとおりです。

総報酬月額相当額基本月額を合計した金額が28万円を越えるときは、次の金額が支給停止となります。

基本月額=加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金を12等分して月額にしたもの
総報酬月額相当額=標準報酬月額+(その月以前1年間の賞与額÷12)

●基本月額≦支給停止調整開始額(28万円)、かつ、総報酬月額相当額≦支給停止調整変更額(47万円)の場合

{(総報酬月額相当額+基本月額)-支給停止調整開始額}×1/2×12

●基本月額≦支給停止調整開始額、かつ、総報酬月額相当額>支給停止調整変更額の場合
 〔{(支給停止調整変更額+基本月額)-支給停止調整開始額}×1/2〕+(総報酬月額相当額-支給停止調整変更額)〕×12

●基本月額>支給停止調整開始額、かつ、総報酬月額相当額≦支給停止調整変更額の場合
 総報酬月額相当額×1/2×12

●基本月額>支給停止調整開始額、かつ、総報酬月額相当額>支給停止調整変更額の場合
 {支給停止調整変更額×1/2+(総報酬月額相当額-支給停止調整変更額)}×12

はい、読んでてイヤになりましたね!(笑)

以前は、社会保険に加入した働き方であれば無条件に老齢年金額の2割が支給停止されました。
しかし、今は年金額と給料額などの合計が28万円に達しなければ減額はありません。

また、計算式は全部で4つありますが、{(総報酬月額相当額+基本月額)-支給停止調整開始額}×1/2×12の場合がほとんどです。

これは、合計額が28万円を超えた額の2分の1をカットするという意味です。

高年齢雇用継続給付を併用した場合、さらに基本月額の最大1割がカットされます。