社会保険料の見直し

社会保険料の見直し

社会保険料の見直し

-休業期間中の賃金支払いは慎重に-

病気やけがで会社を休み給与が支給されなかったとき要件に該当すれば、業務上・通勤災害なら労災保険から休業(補償)給付が、業務外なら健康保険から傷病手当金がそれぞれ一定期間支給されます。

しかし、会社から賃金が支給されていると調整され減額支給あるいは支給停止になってしまいます。

減額のしかたも休業(補償)給付と傷病手当金では違います。傷病手当金の場合、少しでも賃金が支払われるとその分が支給停止になるのに対して、休業(補償)給付ではおよそ1日あたりの賃金の60%未満であれば全額支給されます。

 

健康保険の傷病手当金とは

■どんなとき  病気やけがで会社を休み、給与が支給されなかったとき

■支給の要件  傷病手当金の支給要件は、
         1・療養のため 
         2・労務に服する能力がなく 
         3・連続して3日以上休業した場合、休業第4日目から傷病手当金の
           支給が始まります。

■支給される額  休業1日につき、標準報酬日額の2/3相当が、休業4日目から1年6カ月の範囲で支給されます。

■支給される期間  傷病手当金の給付の始まった日から起算して1年6ヶ月を限度として支給されます。

労災の休業(補償)給付とは

■どんなとき  業務上または通勤災害により、会社を4日以上欠勤したとき

■要件  療養のために会社を欠勤しその間の賃金を受けず、またけがや病気のために労働することができない状態にある場合となっています。
また、待期期間に関する要件は健康保険の「3日連続休業」とは異なり、断続的な休業でも3日を充たせばよいことになっています。

■支給される額  休業補償は、休業第4日目より給付基礎日額の6割相当額(特別支給金を合わせて実質的には8割)が休業する各日について支給されます。

■支給後の扱い  療養開始後1年6ヶ月が経過した日以後、毎年1月1日から1月31日までの間に、療養に関する状況を記載した報告書を提出しなければいけません。