社会保険料の削減

社会保険料の削減

社会保険料の見直し

社会保険料の見直し

毎月の社会保険料は、原則として特定の期間に払われた賃金をベースに保険料が決まります。

また、健康保険の被扶養配偶者の適用要件。所得税の配偶者控除。それらを念頭に置きどのように支払えばいいのか、会社の事情に合わせて見直しを検討してみましょう。

休業中にせっかくもらえるはずだった給付金が、賃金が支払われていたために減額されることがあります。

労働保険メリット制

労働保険メリット制

労災保険のメリット制とは、個々の事業における労働災害の多寡により、労災保険率を増減させる制度です。

つまり、大きな労働災害を発生させたとか労働災害が多発している事業では労災保険率が高くなり、逆に労働災害が少ない事業では労災保険率が低くなる制度です。

これにより労災保険率を最大40%減らすことができます。

助成金の有効活用

助成金の有効活用

厚生労働省管掌の助成金は、雇用保険に加入している企業、あるいは被保険者である個人に対して、一定の条件を満たせば支給されるものです。
この助成金は、融資と違い返済する必要がありません。いわば純益です。

ただし、要件に該当していれば黙っていてももらえるわけではありません。申請してはじめてもらえるものだからです。
そして実際には一部の企業でしか活用されていません。

これにはいくつかの理由が考えられますが、まずその存在が十分認知されていないということ。
さらに、制度の内容がどんどん変わっていったり、創設されては消えていったりすること。
あと、種類が大変多く手続きが複雑であることなどが挙げられるでしょう。

しかしながらこれら助成金のお金の出所は税金ではなく企業自らが支払っている労働保険料が財源になっています。

つまり当然もらう権利があるということです。ぜひ検討してみてください。